病気 医療 最前線

性病かも、そんな時は検査キットが便利

人間は、様々な理由が原因で病気になる事がありますが、性病もその一つですね。
性病にかかってしまったと気づいても、別に悪い事をしているわけでもないのに、何となく恥ずかしくて病院に行くのを、ためらったりしていませんか?
でも、性病にかかってしまったら、早めに治療をする事が大切です。

 

性病といっても、様々な種類があります。
一番かかる人が多いのが、クラミジアと呼ばれる感染症です。
この感染症にかかった事に気が付かないまま放っておくと、最悪の場合、不妊症になってしまう事もあると言われているので、女性の方は要注意です。

 

淋病もクラミジアの次に、感染者が比較的多い性病です。
女性の方なら、緑色っぽいおりものが増えたり、陰部のかゆみなどの症状が出ますが、症状がかなり進行しないと出ない場合もあるので、注意が必要です。逆に男性の方の場合は、尿道の付近にかゆみが出たり、酷くなると、腫れあがったりするので発見が早くなります。

 

他にも、梅毒という性病は、一昔前は感染すると助からないと言われるほど、恐ろしい性病でした。そして最も恐ろしい性病と言えば、HIV(エイズ)ではないでしょうか。

 

HIVは、血液や精液に含まれてるウイルスが、粘膜などから感染して発症します。
明確な治療法はなく、最も注意が必要な性病だと言えるでしょう。

 

先ほど記載した、梅毒に感染してしまうと、HIVにも感染しやすくなるという報告もありますから、いかに日頃から、性病にかからないよう気を付けなければならないかが、お分かりいただけると思います。

 

もしも、性病の症状を自覚している場合、初めは自宅で使う事のできる、性病検査キットをお勧めします。性病検査キット徹底比較サイト!迷わない安心の検査キット

 

この検査キットは、色々な種類があり、クラミジアや淋病などのポピュラーな性病検査ができるお手頃価格のものや、もっとしっかり検査したいという方には、梅毒やHIVなどを含んだ、検査項目の多いキットなど、自分の症状に合わせて選ぶことができる事ができるのがメリットです。

 

もちろんプライバシー保護もしっかりしているので安心ですね。検査結果も、比較的早く知る事ができます。

 

どうしても、病院を受診するのが恥ずかしい・・でも思い当る症状が出ているという方や、気にはなっているが、病院を受診する時間がないという方は、このような検査キットを利用してみる事で、早く性病の感染の有無も調べる事ができます。

 

そして、男女問わず大切なパートナーのためにも、避妊などを徹底して、性病にかからないようにする事が最も大切ですね。

 

 

日本の医療技術は日進月歩で世界に誇れるところがあります。
ですが、性に関しては盛んであり、意外と我が国ではその性に関して認知が不十分な点があります。皆様は性病に関しての知識が十分で、かつ、対策の方も講じられているでしょうか。

 

性行為のときにはコンドームの着用というのは当たり前とも言えますが、コンドームの装着を行わず、性病がとても多く見られるのも我が国での特徴です。

 

性病になっても病院に行って治せばいいだけと、簡単に捉えているかたがいれば、その考えは直ちに修正しなければなりません。

 

ちなみにですが、日本における性病で最も多いとされているものが、クラミジアですね。
聞いたことのあるかたは多いと存じます。

 

当然、男性であれば痛みを伴う性病なので、発覚した際は病院に行けば治せます。
女性の場合は、感染に関して痛みを伴わないことが多いので、気付きにくい場合があります。

 

ちなみに、喉にもクラミジアは感染し、居着くことがあります。
性風俗に行かれており、かつその知識がなかった方はクリニック要注意し、今後は気を引きしめましょうね。もしあなたに大切な人がいて、その相手先にも感染させたら大変なことです。

 

外来の場所についてですが、泌尿器科となります。
小さめのクリニックや比較的新しいクリニックなら、プライバシー保護に関することに尽力していることが多いので尚良いですね。

 

クラミジアにかかってしまった場合の事を述べましたが、本当になくなってほしいと恐ろしいのはクラミジアではありません。

 

性に関してだらしなく、不特定多数との性行為やコンドームの使用を怠った場合、連結してしまう可能性のある最も恐ろしい病気としてHIVがあります。

 

深夜帯のテレビ番組で過去に、某クリニックの院長が出演し、その危険性について話していたんですね。
クラミジアなどの性病にかかった人が、HIV感染者と性行為をした場合、感染率が何倍にも膨れ上がる、そんな驚異の話だったのです。

 

1度クラミジアのような性病にかかってしまうと、表面上は治せても、体の内部の影響に悪影響を与えてしまうことがあるとの事でした。

 

私はそれを知ったのが15年以上は前だったのですが、以降は非常にシビアなほど気をつけるようになりました。それほど影響力を及ぼす内用だったんですね。

 

恥ずかしい話、私はそれまではコンドームをつけずに性行為に及んでいた時期があったんですね。幸い性病にかかったことはありませんでしたが、今の日本の現代では、過去の性病比率を上回っているでしょう。

 

クラミジア、他にも梅毒などといった恐ろしい性病もありますが、梅毒もかかってしまうとHIV感染者と性行為をしたなら、クラミジアのように感染率がさらに高まります。
連結した要因で感染してしまったとなるともはやお手上げ状態になってしまいます。

 

そのためにも、しっかりとした予防意識を持ちましょう。一人一人の意識が高まり、リスク管理を十分にする人が多くなることをこころより祈っております。

 

 

数年前に風俗にはまっていた時期がありました。
アラフォーの男一人、週末を過ごすのがあまりに寂しくて、酔った勢いで自宅に呼んでみるとあまりに楽しかったのです。

 

家に女性が来るサービスは、高額な遊びというイメージがありましたが、自宅から出ることなく遊ぶことができるため繁華街へ飲みに行くタクシー代などを考慮すると思っていたより安上がりでした。

 

安上がりだからこそ、はまってしまうことができたのでしょう。しかし、風俗遊び。一番怖いのは性病です。今は一般の女性よりも風俗の方が安心だという説もありますが、不特定多数との接触があるのですから風俗嬢の方が感染リスクは高いと思います。

 

存分に楽しんではいましたが基本的に粘膜が接触するような機会は少なくするよう気をつけていました。しかし、慣れとは怖いものです。それなりの人数を経験しだすと、なんとなく大丈夫のような気がしてきたのです。

 

とある同年代の嬢を、いつものように電話一本で呼んだ時のことです。同年代だということで、話もプレイももりあがってしまい、ついつい下をなめてしまいました。

 

苦しみは1週間後くらいに訪れました。妙に喉が痛いのです。
風邪など10年間ひいたことがないのに、熱まででてきました。

 

もしかすると先日の遊びのせいだろうかとすぐに感づきました。
そして、会社の同僚に相談するわけにもいかないので、ネットを調べてみました。

 

性病、のどなどと検索すると早速出てきました。
行為を行った後、1週間くらいに喉が痛くなったり、風邪と同じような症状が出る病気のことが掲載されています。そう、咽頭クラミジアだったのです。

 

クラミジアが喉にも感染するなんて初耳でした。いや、性病自体が喉から感染することがあるなんて、思いもしませんでした。発熱こそおさまりましたが、喉の痛みは1週間以上も消えることがありませんでした。

 

恐る恐る耳鼻咽喉科に行きましたが、これといった診断はされずに抗生物質を処方されました。病院の方たちは、症状を察して何も言わなかったのでしょうか。

 

あれほど喉が不快になるなんて初めての経験で本当に後悔しました。あれから、風俗遊びからはすっかり腰がひけてしまいました。

 

喉も性病が感染するのでお気をつけ下さい。

 

私が昔、クラミジアに患った話を聞いて下さい。
あれは、ネットで知り合った名前も知らない女性と出会った時のこと。

 

その女性と気が合い、デート初日にホテルに泊まりことを成しました。
体の相性もバッチリで、初対面でしたが何度も求め合ったことを覚えています。
本当に、ここでは記載できない激しい内容のプレイも何度もしました。

 

数日後、なんだか急に小便がよく出るようになりました。小便を出しても、またしばらくするとすぐに小便がしたくなり、トイレに行く回数が増えたのです。

 

ちょうど季節が夏で、水分をたくさん摂っていたので、その影響なのだと思いそれほど気にしませんでした。それから更に数日経った日のこと、自分で事を済ませていた時、精子に膿のような物があったのです。これはヤバイと思い近くの医療機関を探して、すぐに対応してくれる病院に行きました。

 

病院へ行って診断を受けると、医者からクラミジアだと告げられました。

 

「尿道に菌が入りましたね。水やお茶をたくさん飲んでおしっこをたくさん出して、菌を出してください。治るまでは性行為は控えてください。」
「睾丸に熱を持ってしまっているので、睾丸を氷で冷やしてください。薬を出すので、飲んでください。」

 

とその担当医に言われました。

 

帰宅後、医者から言われた通りに薬を飲んで、お茶を飲んで睾丸を冷やしました。
何時間か経つと、頭が痛くなって発熱しました。睾丸も大きく腫れて硬くなり熱を持っていたのです。睾丸が痛く、熱があって頭痛が酷くて結構辛かったのを覚えてます。2日ぐらい熱が続きました。

 

3日後くらいで、薬や処置のおかげで熱は引いて、睾丸の痛みもなくなりました。念のため、薬を飲み続け、引き続きお茶をたくさんのみ小便をたくさんし睾丸を冷やし続けました。

 

薬が無くなったので、再度病院に行き再診断を受けるとクラミジアは治っていました。
クラミジアなどの性病に感染して病院に来る人は、感染して一度だけ診察して二度目は来なくなる方が多いようです。
しかし、性病は完全に治さないと症状が酷くなったり、完治しない原因となるので、完治するまで病院に通院することが大切だと医師は言ってました。

 

それまで性病になったことが無い私にとって、クラミジアは性病に対する良い経験となりました。もうクラミジアなど性病は懲り懲りだと感じました。

 

それ以降、尿道に菌が入らないように、コンドームをするようにしている。

 

メディアで子宮頸がん検診のことが取り上げられたりと、子宮頸がんという言葉をなんとなく聞いたことがある方は多いと思います。

 

しかし、どんな病気なのか、どんな症状がでるのか、命にかかわるものなのかなど詳しく知られていないのが現状です。女性の方でも詳しく知っているという方は少ないのではないでしょうか。

 

子宮頸がんは女性なら誰しもなる可能性のある病気です。
自分自身を守るため、大切な人を守るためにもここで一度どのようなものなのか考えていきましょう。

 

子宮頸がんは、子宮の入り口付近の子宮頸部にできるがんのことを指します。数ある子宮がんのうちの約7割を締めるというわれています。

 

以前までは発症のピークが40代から50代前後といわれていましたが、最近は20代から30代と若い年代の方も発症しやすくなっており注意が必要です。

 

子宮頸がんは他のがんと異なり、原因が明確なので予防や対策しやすいことが他の病気との違いです。発症する原因は、ヒトパピローマウイルスというウイルスの感染です。

 

このヒトパピローマウイルスは珍しいウイルスではありません。
性交渉を経験したことのある女性の約80%が感染するといわれており、性交渉をしたことのあるほとんどの女性は、子宮頸がんになる可能性を秘めているということになります。

 

しかし、感染したからといってすぐに発症するわけではありません。多くの場合は、このウイルスを免疫力で外に排出することができるのです。

 

この機能がうまく働かない時ウイルスが子宮頸部に残り、感染が長期間に続くことによって、細胞が少しずつがん細胞へと進行していき発症します。子宮頸がんは、気付かないうちに少しずつ進行していくので細心の注意が必要な病気なのです。

 

不正出血やおりものに変化があった場合や、いつもと違うなと感じればすぐに検査することが肝心なのです。

 

もし、「大丈夫だろう」と放置しておくとガンを進行させてしまう恐れがあるので、少しでも異常を感じたらすぐに病院やクリニックなどの医療機関でで検査を受けましょう。

 

現在では、各自治体が子宮頸がんの防止・予防のため、無料で検診を受けれることができることも増えていますので、定期的に検診を受けて子宮頸がんを事前予防することができるのです。

 

「面倒くさい。」「自分は感染しない。」と高をくくっていると感染する確立がグッと上がります。感染してからは手遅れで、子宮頸がんで亡くなった方もいる程強い病気なので放置は厳禁です。

 

女性なら誰しもがなる可能性のある病気が子宮頸がんです。自分の体は自分で守るしかないので、今からできることをしていきましょう。

 

 

 

初めて性病に感染した時、まさかのダブル感染で淋病とクラミジアがかかってました。感染源は当時付き合っていた彼女からです。

 

私は女性経験は彼女だけだったので彼女からというのがすぐわかりましたし、彼女に性病に感染した、浮気をしただろう?と問い詰めると浮気をしていたのを白状しました。

 

まず性病というのは基本的に性交渉でしか感染しません。
性交渉というか粘膜感染ってことです。次に命にかかわる重たい病気ほど感染率は低く、薬で治るようなのはものすごい感染力で移っていきます。

 

私が感染した淋病とクラミジアは薬で完治できる分、ものすごい感染力なんです。エイズなどでしたら傷口から侵入しないと感染しませんが、淋病やクラミジアは粘膜で感染するんです。

 

具体的に言うと、淋病に感染してる男性器を女性が口ですると喉に淋菌が感染してしまうんです。こうなるとその女性とキスをすれば自分も喉に淋菌が繁殖しますし、口でされれば男性器にも移ります。

 

もちろんキスをして口の中に淋菌がある状態で彼女の女性器を口で愛撫すれば女性器に感染もするわけです。この方法だとエッチなしでもどんどん淋病が感染していくわけです。特にクラミジアはこれでものすごく感染していってます。

 

なぜ私が性病に気づいたかというと症状が出たからです。私が感じた症状というのは、オシッコをする時の痛み、尿道から臭い膿が出てくる、男性器が異様に痒いという3点です。

 

この中で我慢できなくなったのがオシッコをする時の痛みです。最初は何か変な感じがする程度だったのですが、一週間ぐらいでものすごい激痛に変わりました。

 

これは何かの異常事態が起こってると思って泌尿器科で診察してもらったんですが、そこで淋病とクラミジアに感染してるのが判明しました。

 

淋病は診断してもらったその日に判明したんですが、クラミジアは専門機関で分析しないとわからないようで採血して専門機関で検査してもらい、数日後にクラミジアだと判明しました。幸い他の性病には感染してませんでした。

 

治療方法は抗生物質を飲みました。クラビットという薬を処方してもらったんですが、お腹へのダメージが結構あるということで胃薬も処方され一緒に飲むように言われました。ここで肝心なのは途中で薬を飲むのをやめないことです。

 

薬を飲みだして三日目で痛みがかなり軽減し一週間もすれば何も感じなくなるんですが、ここでやめてしまうとダメなんです。

 

症状が出ないだけで体内に少量の菌が残ってる可能性があるので、もし少しでもある状態で薬をやめてしまうと一気に復活してまた痛みがぶり返す、しかも抗生物質に耐性を持った菌になる可能性もあるわけです。

 

耐性がついてしまうと、通常だと2週間飲み続ければ完全に死滅させてしまえるのに3週間かかったり、違う薬に変えないと治らなくなってしまったりするので、症状が出なくなっても2週間分キッチリと飲み続けるのが重要になります。

 

男性の場合症状がすぐにでるので早期発見早期治療が出来ましたし、後遺症もなかったのですが問題は女性です。女性は男性と違ってオシッコをする時に痛みはないんです。

 

淋病特有の臭さはあるんですが、女性って女性器のにおいには疎いんです。
もともとオリモノという臭い物が出てきますし、最近オリモノの質が変わった程度にしか考えないのでどんどん症状が進んでいきます。その結果治療が送れて症状が悪化して不妊症になったりします。

 

私の場合は彼女にすぐ伝えたので後遺症も残らずお互い完治しましたが、彼女は私に言われるまでまったく気づいてませんでした。