子宮頸がん

意外と知られていない!?子宮頸がんってどんなもの?

メディアで子宮頸がん検診のことが取り上げられたりと、子宮頸がんという言葉をなんとなく聞いたことがある方は多いと思います。

 

しかし、どんな病気なのか、どんな症状がでるのか、命にかかわるものなのかなど詳しく知られていないのが現状です。女性の方でも詳しく知っているという方は少ないのではないでしょうか。

 

子宮頸がんは女性なら誰しもなる可能性のある病気です。
自分自身を守るため、大切な人を守るためにもここで一度どのようなものなのか考えていきましょう。

 

子宮頸がんは、子宮の入り口付近の子宮頸部にできるがんのことを指します。数ある子宮がんのうちの約7割を締めるというわれています。

 

以前までは発症のピークが40代から50代前後といわれていましたが、最近は20代から30代と若い年代の方も発症しやすくなっており注意が必要です。

 

子宮頸がんは他のがんと異なり、原因が明確なので予防や対策しやすいことが他の病気との違いです。発症する原因は、ヒトパピローマウイルスというウイルスの感染です。

 

このヒトパピローマウイルスは珍しいウイルスではありません。
性交渉を経験したことのある女性の約80%が感染するといわれており、性交渉をしたことのあるほとんどの女性は、子宮頸がんになる可能性を秘めているということになります。

 

しかし、感染したからといってすぐに発症するわけではありません。多くの場合は、このウイルスを免疫力で外に排出することができるのです。

 

この機能がうまく働かない時ウイルスが子宮頸部に残り、感染が長期間に続くことによって、細胞が少しずつがん細胞へと進行していき発症します。子宮頸がんは、気付かないうちに少しずつ進行していくので細心の注意が必要な病気なのです。

 

不正出血やおりものに変化があった場合や、いつもと違うなと感じればすぐに検査することが肝心なのです。

 

もし、「大丈夫だろう」と放置しておくとガンを進行させてしまう恐れがあるので、少しでも異常を感じたらすぐに病院やクリニックなどの医療機関でで検査を受けましょう。

 

現在では、各自治体が子宮頸がんの防止・予防のため、無料で検診を受けれることができることも増えていますので、定期的に検診を受けて子宮頸がんを事前予防することができるのです。

 

「面倒くさい。」「自分は感染しない。」と高をくくっていると感染する確立がグッと上がります。感染してからは手遅れで、子宮頸がんで亡くなった方もいる程強い病気なので放置は厳禁です。

 

女性なら誰しもがなる可能性のある病気が子宮頸がんです。自分の体は自分で守るしかないので、今からできることをしていきましょう。